読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナデッチの南インドでなんとなく日記

海外行きたいなら絶対に知っておきたい!今すぐチェック!!なんて情報はありません。

断水の後の水は一瞬茶色い。

f:id:Nadezhda8:20160428221838j:plain

 

洗濯しようと思ったら、電気食う奴だけ停電で、

やっと今(夕方6時!!)に復活し、

さあ洗濯洗濯、、、と思ったら、

今度は水が断水。

 

 

こんにちは。ナデッチです。

 

 

え?停電はそんなにしょっちゅうあるの??

 

 

ええまあ。。。

 

ちょこちょこある感じ。

 

 

sponsored link
 

でも、各マンションやお店には、ジェネレーターという

普段電気を貯めて、困ったときに使う機械が設置されているので、

天井に付いてる扇風機や、照明用の電気はすぐに復帰するんです。

 

 

が、上にも書いた通り、

洗濯機、冷蔵庫、ギザー(と呼ばれる給湯器)など、

電気をたくさん使うものは、

 

 

停電の間は停電!!!となります。

 

 

早い日は朝の10時頃に停電になって、夕方復活。

でもまあ、慣れるし、それで困るほどのものでもないので、

大丈夫。

 

 

各家庭では冷蔵庫の上に、ガンダムに出てくるドムもしくは赤い彗星の

頭のような形(伝わるかしら)した小型のジェネレーターを載せていて、

停電の間、大事な食品を守るのですが、

うちは購入していないため、大ピンチ。

 

 

今思い出しました。

冷凍庫にがいっぱい詰まっていることを・・・

 

 

 

今、真夏のど真ん中(4月終わり)なのですが、

6月入ると約3ヶ月間の雨季が始まります。

逆に言うと、それ以外雨降らないので、

今まさに、絶賛水不足も真っ盛り!!

 

 

私、海のない県出身なんですよ。

で、子供の頃、よく町内放送で、

「今日は〜、10時から2時の間が〜断水です〜」

 

って、あったんです。

(ダムのお水はね、首都圏に優先的に回されるからね)

 

だから、この断水なんてのも、なんか懐かしくて、

あまり気にならない。それもどうかと思うが。

 

 

 

気になることがあるとすれば、

前触れ無しに、イキナリ断水になって、

イキナリ復活するところ。

 

前もって言ってよ!!!!

 

 

 

先日、夜中の12時に、ばーん!!!と音がして、

一気に停電になったんです。

夜だし、守衛さんが気がついたら、ジェネレーター入れるだろう。と

タカくくって寝たら、朝になっても復活してない。

 

そういう時は地下駐車場スペースに行き、

各部屋ごとのメインブレーカーのスイッチを

入れ直してもらうのですが、

 

入れても電気つかない。。。

 

 

つかない=水の浄水器も使えない。

 

 

そして、そのメインブレーカーを触ってもいい電気技師は

この物件ではただ一人!(よその業者を呼んではいけないんです)

バスカル。

呼んでも呼んでも来ない男!!!

 

 

2週間前に私の作業机の上の扇風機が壊れて、すぐ電話したのに!
「明日な。明日」

と言うのを2週間続けて、結局来なかった男バスカル。

 

 

nadezhda8.hatenablog.com

同じ物件内の人 数人に電話をかけてもらい、

奇跡的に彼は2時間後に来てくれました。

 

 

そして、メインブレーカーのコイルを交換し、

うちに確認しに来て、

言った一言がこれ。

 

 

「で、お前この間俺に電話したの、何の用だ?」

sponsored link
 

 

 

 

。。。。。。

 

 

 

黒ヤギさんたら読まずに食べた〜

の歌が頭のなか流れました。

 

 

 

すっごいね。インド人って。

まあ、電気もついたしもういいよ!

 

 

 

 

ちなみに、お隣ケララ州は、原発にNOと言っている州なんです。

すてき!

そして、お外でタバコもNGな州だそうで、素晴らしい!

 

コーチン空港など、太陽光パネルで全ての電気を賄われていますし、

各家庭にソーラーパネルの普及進めてるそうな。

 

 

ここには、コンビニもないし、大きなモールだって、

夜の10時半には完全消灯。

 

いいと思うの。電気そんな要らないって。

電光掲示板なんて、美しくないもの。

 

 

なんて書くと、

「日本では残業で帰りも遅いんだし、暗かったら危ない!」などの

意見を聞くことができそうですが、

 

 

そういうのもひっくるめて、

なんていうか、変われたらいいのに。

 

と、遠く離れたインドから思うのです。

 

 

 

ではではまた。

今日も寄ってくれてありがとう!